A.I.ミコヤーンとM.I.グレーヴィチ記念設計局(公共株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」)
MIG


The Secret Program That Hid an Even More Secret Program. Ward Carroll.
※上のyoutubeは元F-14のレーダー迎撃士官(RIO)が、超極秘のコンスタント・ペグ Constant Pegプログラムに選ばれ、ネヴァダ Nevada州トノパ Tonopah近くの荒涼とした空軍基地からほど近い場所で、実際の敵機を相手に飛行するというユニークな機会を与えられたときの様子を、最近投稿された新しいヴェデオの中で語っている。ウォード・キャロル Ward Carroll氏のYouTubeチャンネルで公開されているこのヴィデオは、強力なF-14艦隊防空戦闘機だけでなく、アメリカの冷戦時代のMiG攻撃隊である第4477試験評価飛行隊 4477th Test and Evaluation Squadron(通称“レッド・イーグルス Red Eagles”)を生み出したコンスタント・ペグも扱っているので、一見の価値がある。このプログラムの存在が2006年に正式に機密解除されて以来、徐々に詳細な情報や写真、映像が明らかになってきている。ウォード氏が4477部隊と対戦する機会があった当時、4477部隊はソヴィエト製のMiG-21や中国製の派生型F-7(共にYF-110と呼ばれた)、更にはMiG-23の空対空、空対地ヴァージョン(YF-113と呼ばれた)を飛ばしていた

↑Image courtesy of Shipbucket.


Update 21/07/03